社会保険の成り立ちと理念を整理すると次のようになる。

 

社会保険の成り立ち

 ・医療などの公共サービスを手にするために手にするために組み立てられた保 

 険手法の仕組み

 ・保険料拠出を主要財源とし共同意思の維持のために原子集団(企業、市町村  

 など)ごとに保険者として編成された

  ・わが国では、国庫負担の導入、拠出金の設定などによる保険者間の均衡維持 

 のための政策がとられてきた

  ・医療保険、公的年金保険、介護保険、雇用保険、労災保険の5

 

 

社会保険の理念 

・全員拠出、全員利用

・共同意思の形成と維持(節約と協力)

・連帯と自立の合意

・権利行使(自覚と誇り)と義務履行(保険料納付、事務手続き

ONE  FOR  ALL   ALL  FOR  ONE

 

上記の社会保険の理念は的確かつ簡潔であるが、抽象的である。理念がどのように活かされているか、また活かされるべきか具体例を挙げながら、理念の真の意味を考えるため、纏めたのが次表(社会保険の理念の具体化)である。

画像(表)をクリックすると拡大されます。

社会保険の理念をより具体的に理解するための表
社会保険の理念をより具体的に表現し、具体例を示し、理解を深めるための図表である